公務員学科(公務員 専門学校)

その情熱、実現させよう。



北海道 2年制 独自のカリキュラムで全員合格をめざす 公務員学科 公務員事務コース 警察官・消防士コース

辛亥革命100年

2011年09月19日 辛亥革命100年

鳳梨酥 教員室中央のテーブルにお菓子がおいてありました。留学生のサイさんのお土産だそうです。ちょうど一仕事を終えた後なので、コーヒーを飲みながら、ありがたく賞味させていただきました。

 ところで、食べ終わった後、袋の表記を見ていると、台湾のお土産なので、正漢字で書かれていて、よく分かります。特に商品名の「鳳梨酥」は、画像も出ているし、下に英語表記もあるようにパイナップルケーキを表すのはすぐに分かります。裏には「主要原料」「重量」「産地」などの項目名と詳細もあります。

 それらを見ていて、ふと気がつきました。


製造・賞味年月日 というのは、袋の表と裏の境目に印字されているのが、「100.09.02製造」「100.10.01有效」これが、「有效期限:一個月」とある日付に該当し、9月2日に製造され、10月1日までが賞味期限というのは見当がつきます。ところで、左端の「100」は何だろう?と思った瞬間に、そうか、今年は中華民国100年なのか!と気がつきました。中国で、清朝を倒して近代化に踏み出した1911年の辛亥革命から、今年はまさに百年目に当たります。その時成立した中華民国が台湾に移っているので、日本の年号に当たるものを使っているのかどうか分かりませんが、まさに「建国100年」になるわけです。

 

DSC02157 「そうか、辛亥革命から100年か!」と声に出して言ったところ、教務のYさんが、「大正100年ですね」と応じてくれました。再び「え?」と思ったのですが、Yさんが指さしているカレンダーを見ると、確かにそう印刷されています。考えると、明治45年と大正元年に当たるのが1912年で、この年が中華民国の建国1年です。今まで結びつけて考えたことがなかったので意外でしたが、両者は一致するのですね。

 

  授業では、日本史と世界史と、横に並べて時代感覚をつかみ、記憶の手がかりとするようになどと話しているのですが、私も、ひょんなことで思いがけない発見をしました。

n-25592543 at 13:48 | この記事のURL | |