公務員学科(公務員 専門学校)

その情熱、実現させよう。



北海道 2年制 独自のカリキュラムで全員合格をめざす 公務員学科 公務員事務コース 警察官・消防士コース

いずれ菖蒲か杜若

2009年06月14日 いずれ菖蒲か杜若

昨日は体験入学があり、行政学科にも参加者がありました。

いずれ菖蒲か杜若そこで、また、「サンキューはがき」の画像素材を探しているのですが、今回は、左のような花にしました(実際に使用した写真とは別物です)。前回と同じく、我が家の隣地!に咲く花です。今日、雨の中を撮影したのですが、花の盛りはちょっと過ぎているのが残念。

北海道ではここ2、3週間、雨模様が続いています。寒くて、厚着をしています。いつの間にか、蝦夷梅雨と言えるような天候に入ってしまいました。昨日も、今日も雨です。写真は、その雨にふさわしく、5、6月の梅雨時に、湿地に咲く、花菖蒲(はなしょうぶ)です。たぶん。

いずれ菖蒲か杜若2ことわざで、「いずれ菖蒲(あやめ)か杜若(かきつばた)」と言います。似たものの区別がつけにくい例えとして使います。それに、花菖蒲を入れると、完全に混乱し、私などは全く見分けがつきません。しかし、花の色柄や、葉脈、茎の分岐の有無、それに生育している場所の湿地度などにより、慣れれば識別できるそうです。いずれもアヤメ科アヤメ属の植物で、英語名はアイリス。その語源のギリシャ神話のイリスは虹の女神だとか。やはり、雨に関係のある命名のようです。

 

 

 

 

 

 

いずれ菖蒲か杜若3

色柄の違う花が何種類か咲いています。小ぶりな花の中に大輪咲きが混じっています。平凡な白や紺色ですが、雨に濡れて、清楚感が際だちます。

ネットで花言葉を調べると、「嬉しい知らせ」「優しい心」「心意気」「あなたを信じる」などになるようです。

行政学科の体験入学に参加してくれた人にも「嬉しい知らせ」が届けばいいですね。

〈追記〉当学科講師の I 先生のお話では、写真の1番目と3番目はジャーマン・アイリスだそうです。2番目は不明とか。アヤメ、カキツバタ、ハナショウブ、それにジャーマン・アイリスと、私には見分けの付かない花がまた増えてしまいました。ちなみに、ジャーマン・アイリスは調べると「ドイツ・アヤメ」とも言うようで、ますます混乱してきます。

n-25592543 at 13:19 | この記事のURL | |