公務員学科(公務員 専門学校)

その情熱、実現させよう。



北海道 2年制 独自のカリキュラムで全員合格をめざす 公務員学科 公務員事務コース 警察官・消防士コース

野の花? 庭の花?

2009年05月24日 野の花? 庭の花?

昨日は、5月のオープンキャンパスがありました。行政学科でも、参加高校生、在校生スタッフ、それに教員と、ともに数時間ですが、楽しく過ごしました。バイオ燃料として注目されています

さて、工学院では、今年は、体験入学やオープンキャンパスの参加者に、「サンキューはがき」と呼ばれるものを出しています。各学科で工夫を凝らしていると思いますが、私も行政学科らしい葉書にしようと、身辺を探し、今回は、左のような菜の花の写真を掲載しました。実際に家の近くで咲いていたものを今日、撮ってきたものです。(葉書に使用したのは別の写真です。)

菜の花は、その菜種油からバイオ燃料が取れます。そのため、ヨーロッパでは、急速にその作付け面積が増えています。ハイブリッドカーが相次いで出され、電気自動車、水素自動車も研究されているので、ガソリンもしくはその代替物の需要が今後どうなっていくか分かりませんが、見慣れた、懐かしい菜の花が、次代の主役になるのかもしれません。 

劣悪な環境で毎年よく咲いてくれます菜の花は、家の隣の空き地(畑)に生えていたものですが、ついでに撮影してきた写真も紹介します。これは我が家の敷地を囲むように咲いているオダマキです。多年草で、何も手入れをしていないのに、毎年よく咲いてくれます。これも見慣れた花ですが、一斉に咲くと、やっぱりきれいです。

しかし、精妙な造形には驚きます

ありふれた花ですが、その花びらの裏を見ると、造形の妙を強く感じます。これほど精妙な構造が、自然に、花ごとに備わっているのは不思議としか言いようがありません。

 

ピンクの変種

我が家にあるのは、大半がふつうのオダマキですが、中には背の高い、いわゆる西洋オダマキが混ざっています。ふつうのオダマキでもピンクや白を見たことがありますが、色変わりは西洋オダマキの方が多いようです。我が家の庭には、このピンクのほかに紺色と臙脂色と、三色があります。ピンク系を増やしたいと思いながら、そのままになっています。

n-25592543 at 12:0 | この記事のURL | |