公務員学科(公務員 専門学校)

その情熱、実現させよう。



北海道 2年制 独自のカリキュラムで全員合格をめざす 公務員学科 公務員事務コース 警察官・消防士コース

『天使と悪魔』を見ました。

2009年05月17日 『天使と悪魔』を見ました。

劇場のパネル 映画『天使と悪魔』を劇場で見てきました。もちろん、『ダ・ヴィンチ・コード』の続編、ロバート・ラングドン教授シリーズの第二弾です。

『レッドクリフ Part供を見たときと同じく、朝一番で割引のあるモーニングショーに行ったのですが、着いたのが早すぎて開いていず、15分ぐらい入り口で待ちました。駐車場の車の中などで待っている人が他にも結構いて、開場後、そのほとんどの人が『天使と悪魔』のスクリーン1に入りました。結局、モーニングショーを見た人は30人前後はいたのではないでしょうか。見終わって出たときにも、2回目の上映を待って入り口に並んでいる人がかなりいました。封切り後まだ3日目だったせいもあって、観客が多かったのだと思います。

 

映画パンフレットこれは、買って大事に持ち帰ったパンフレットです。表紙からして重厚なデザインです。

今回は原作は未読ですが、映画は非常に面白かったです。謎解きもさることながら、荘重、豪華な映像がいろいろ楽しめました。特にヴァチカンの内部を初めとして、ローマの古い教会、町並みの映像がふんだんに出てきました。サン・ピエトロ大聖堂やシスティナ礼拝堂、ベルニーニの彫刻など、どこまでが実写で、どこからがセットか区別が付きませんでしたが、セットでも、もちろんほぼ実物どおりに作ってあるでしょうから、驚きと喜びの連続でした。特にミケランジェロの天井画が何度も写っていて、大画面で見られたのには感激しました。

この映画はいずれ見るつもりでしたが、今回急に見る気になったのは、『レッドクリフPart供戮鮓たときと同じです。つまり、その前夜、シリーズ第一作の『ダ・ヴィンチ・コード』が民放で放映されたからです。土曜日なので気楽に見ましたが、思えば、昨年のフランス旅行の後、TV放映の一部を見かけたことはあっても、全編をとおして見直したことはありませんでした。今、こうしてじっくり見ると、ルーヴル美術館やコンコルド広場、それにいくつかの教会など、旅行で見覚えのある場所がいくつもありました。何と懐かしい! しかも、日本語吹き替えで見るせいでしょう(!)、映画のストーリーの展開に、改めて気がつくところがあります。原作の、細かい謎解きの方はあらかた忘れてしまったのが残念です。

n-25592543 at 18:0 | この記事のURL | |