公務員学科(公務員 専門学校)

その情熱、実現させよう。



北海道 2年制 独自のカリキュラムで全員合格をめざす 公務員学科 公務員事務コース 警察官・消防士コース

『ハリー・ポッター』最終巻、読了!

2008年08月18日 『ハリー・ポッター』最終巻、読了!

発売当日に予約で購入していた、「ハリー・ポッター」シリーズの最終・第7巻、『ハリー・ポッターと死の秘宝』を読み終えました。『ハリー・ポッターと死の秘宝』

夏休みに入り、読み始めたのは、家族の中で私が最初なのですが、途中で帰ってきた息子が並行して読み出し、一番に読み終えました。これも帰ってきた娘も、読み始めたので、私も、合間を縫って急いで読み進め、とうとう、二番目に読み終えたのです。

発行の間が空いているので、前巻までの登場人物や、細かい伏線、設定など、忘れているところもありますが、この最終巻だけでも、非常に面白く読みました。特に、後記で訳者の松岡佑子さんが指摘している思いがけない点もあって、機会があれば全巻をもう一回、注意深く読み直してみたいと思います。

この作品は、ファンタジー系の児童文学として、ある程度は文学史に残っていく作品だろうと思います。優れた絵本や児童文学は、サン・テグジュペリの『星の王子さま』のように、充分、大人の読書対象になり得ます。実際に、私もこの『ハリー・ポッター』を楽しんで読み続けてきました。つまり、公務員採用の二次試験の面接などで、この作品を「最近読んだ本」として挙げても、全く問題はないのです。

このシリーズの出版的な成功の原因は、主人公に与えられた特殊な能力や「選ばれた人」としての運命的出発、常に自己発見、自己実現していくという成長物語(ビルドゥングス・ロマン)的な設定などが、読者にある種の満足感を与える点にあるでしょう。それに、単純な善悪二分割の世界観、各巻ごとに、主人公に対する誤解や反感に始まり、敵対勢力があり、それらの困難を克服しておおまかにはハッピーエンドに決着し、次巻に進んでいくという構成、さらに、3人チームとしてのキャラクターの組み合わせなど、通俗的な分かりやすさ面白さが作用していると思います。さらに言えば、訳者でなければほとんど分からないような、精妙な記述が、この作品の魅力を下支えしているのでしょう。

このシリーズの大成功の要因には、もちろん、映画化がほぼ同時並行し、それとの相乗効果があります。もともと設定にCG化しやすい道具立てが揃っていることや、内面的な描写がなくても成立しやすいストーリーであることなど、映画化に向いていたのは確かです。

写真の下に写っているのは、たまたま、借りて来た、『ハリー・ポッター』第4巻『炎のゴブレット』、第5巻『不死鳥の騎士団』のDVDです。我が家は皆、映画好きなのですが、子供達が親元を離れてからはお互いに映画を見る機会が減り、今回、夏休みに皆で第5巻を見ようという話になったのに、息子が第4巻も見ていないというので、結局それから見ようと一緒に借りてきたものです。

私もこの2年ぐらい、色々な事情から劇場で映画を見る機会が減りました。主としてCSでカバーしています。DVDを借りるのも久しぶりです。特に家庭でテレビで見るのは、気楽な反面、視聴が散漫、断続的になってしまいます。現に、今回借り出した『不死鳥の騎士団』は、通して見たのは初めてとは言え、CSの放映では部分的に何カ所かは見ていました。いずれにせよ、劇場で映画パンフレットを手に入れられなかったのが残念です。『ハリー・ポッター』は、5本目の『不死鳥の騎士団』のパンフレットが欠、他に『スパイダーマン』シリーズの3も欠になりました。各映画に関する細かい情報はCSのプログラムガイドやインターネットでも仕入れられるのですが、画像を多用して丁寧に編集された1冊本を得ることの満足感や保存性で、パンフレットの方が格段に優れています。

n-25592543 at 21:23 | この記事のURL | |