公務員学科(公務員 専門学校)

その情熱、実現させよう。



北海道 2年制 独自のカリキュラムで全員合格をめざす 公務員学科 公務員事務コース 警察官・消防士コース

登別白老 地域コンシェルジュ

2006年08月25日 登別白老 地域コンシェルジュ

特別講義「地域コンシェルジュ養成とまちづくり行政」が25日午後よりPCラボ2教室で行われました。行政学科1、2年合同で行われました。

講師は、川崎市に在職する傍ら、水問題の研究をされ、環境教育に参加されて来られた桂川雅信先生です。現在は札幌在住で北海道教育大学の講師をされながら、まちづくりにおける住民参加の探求・実践を繰り返し、全国で「地域マップ」作成を呼びかけてこられました。先生は水道部門の技術士であり、環境省登録の環境カウンセラーでもあります。

concierge1

「コンシェルジュ」とは、ホテルなどで待機し、要望に応じて観光の手配や案内などを行う「おもてなし」スタッフを言うフランス語です。そこから、外来者に地域情報などを紹介・案内する人を言うようにもなりました。

桂川先生のお話では、「まちづくり」とは単に建物や道路を造ることではなく、人が住み続けられるまち(しくみ)を作ることであるとし、地域の自然環境や歴史遺産、産業遺産などの「地域の宝」を保全・継承・利用することにより、地域が元気になるのだと結論づけられ、「地域とのつながりを大切にする行政マンになろう」と呼びかけられました。

講義中にご紹介くださった画像の中には、水俣湾の旧日窒の水銀溶液排水口跡や、柳川市水郷、稚内港の防潮堤、小樽運河、札幌創成川の変容などの写真に混じって、知里幸恵さんの肖像写真、登別の化石林、新登別大橋下の登別川の120メートルの渓谷と海が同時に見える風景などもありました。公務員の中でも特に市町村希望者は、このような、それぞれの地元に密着した「地域の宝」を良く知っておく必要があります。その知識は、当然、志望動機にも、作文にも、面接にも生きてくるでしょう。

concierge2講演の終わりの方で、同行された技術士(農業部門)の山岸裕さんが、学生の出身地別に起立をしてもらって確認し、教室中で笑いが出ていました。

左は「登別出身の人」が起立している時の写真です。伊達・室蘭・登別・白老・苫小牧あたりが「地元」ですが、その中には自宅通学者もいれば寮生もいます。大まかには行政学科の約半分が寮生で、その大半が地元以外の人たちになります。道外出身者も毎年数人きています。もちろん、全学科で見ると数値はまた変わるでしょうが。

n-25592543 at 17:0 | この記事のURL | |